原酒ひとすじに、二五〇年。大澤本家酒造株式会社

会社案内
ごあいさつ
大澤本家酒造の歴史
品質のこだわり
原酒(日本酒)の保存方法
寳娘ができるまで
会社概要

品質へのこだわり

良質の水、酒米の最高級・兵庫県産山田錦といった地元の素材を使用し、そこに南部杜氏の熟練した技が加わることで、大澤本家酒造の蔵出し原酒が生み出されます。
手づくりの酒の定義とされる和釜を使った蒸米(むしまい)、麹室(こうじむろ)での箱麹(はここうじ)を行っており、機械化が進んだ現在でも、厳しい寒さのなか、昔ながらの製法を用いてわが子を育てるような気持ちで、手間を惜しむことなく真心を込めて丁寧な酒づくりを行っています。

すべての酒に杜氏の目が行き届くよう限られた醸造量を保ち、高品質の旨い原酒をつくるよう取り組んでいます。また販売方法も製造直売を基本として、蔵元からご家庭へ蔵出しの銘酒をお届けしています。

全国の皆様からご愛顧を賜り、北は北海道から南は沖縄まで「寳娘の原酒党」のお客様からご注文をいただいております。


原酒(日本酒)の保存方法

原酒(日本酒)を保存する場合に注意することは、光と温度です。光があたらず、低温で温度変化の少ない場所に保存することが大切です。酒の種類・製造方法によっても異なりますが、光と温度に注意して貯蔵することにより熟成が進み、原酒(日本酒)独特の味わいが増すこともあります。

光と温度にご注意!

原酒(日本酒)は光に弱いため、暗所貯蔵が必要になります。直射日光はもちろんですが、室内の明るさや蛍光灯などの光でも、徐々に変化が生じてくるので注意してください。
光のあたらないところでも、時間が経つと色が着いてきます。さらに、老ね香(ひねか)と呼ばれる独特の臭いがつき、くどい雑味のある味に変わってしまいます。この変化は、基本的に保存してある温度が高いほど早く進みます。このため長期保存する場合には、低温で、温度変化がない状態で保存する必要があります。
酒の種類・製造方法によっても異なりますが、5~6度くらいで2~3年の保存は可能です。また、15度前後でも1年程の保存は可能でしょう。
ただし、上記は「火入れ」してある酒の場合で、「生酒」など2度の火入れをしていない酒については、冷蔵貯蔵(5~6度以下)が必要です。

ご家庭での保存方法

ご家庭で原酒(日本酒)を保存する場合には、化粧箱に入れたままにするか、新聞紙などで包んで光があたらないようにして、できるだけ涼しく、温度変化がない場所に置いてください。
冷蔵貯蔵が望ましいですが、家庭用の冷蔵庫には容量に限りがあると思います。火入れ済みの酒は、常温で保存しても、たちまち劣化するというほど弱いものではありません。ご家庭のなかで最も涼しく、温度の安定している場所に置くようにして、できるだけ早めにお召し上がりください。
ただし、「生」のお酒は冷蔵貯蔵が必要です。小さい瓶に小分けして冷蔵するなどしてください。また、家庭用の冷蔵庫で保存する場合は、扉の開閉が頻繁だと冷蔵庫内に温度変化が生じます。この温度変化は、お酒を劣化させる原因になりますので、ご注意ください。

GOTOTOP